2014年3月6日木曜日

「違います!!旅行じゃありません。試合に行ってきましたよ」

こんばんわ。ジャパニーズスモウレスラーの石井です。
知っている方も多いかと思いますが、吉川製作所剣道部は3月1日~2日に香港で行われましたアジアオープン剣道大会に出場して参りました。


中国・カザフスタン・インドネシア・韓国…等々色々な国が参加する大会。
私たちは2日に行われました、5人制のオープン試合に参加しました。
64チーム340人もの剣士達が集まるかなり大きな大会で、初めは四チームリーグが行われ勝ち抜いた一チームが決勝トーナメントに勝ち進めます。


わがチームは一回戦目にカザフスタンチームとの試合。
相手のメンバーはほとんどが現地の人たちでどんな剣風かも分からないながらも何とか4ー0で勝利!

次のインドネシアチームは選手全員が日本人!!強者揃いでしたが、1ー1の本数差でギリギリ勝利!
何とか決勝トーナメントに駒を進めるとこが出来ました。

決勝トーナメントの、一回戦目が中国の蘇州チーム。このチームも何人か日本人を含んでいましたが、我がチームのエンジンがやっと始動しはじめて、前3つで勝負を決めて見事勝利!!

ベスト8に駒を進め次の対戦相手は韓国チーム。
前の試合を見ていてもかなりの強者揃い。
先鋒 青木
  押してはいたが一本にならず、引き分け
次鋒 石井
  一本先取するも取り返され、引き分け
中堅 松本(現地の知人)
  一本先取され巻き返すも一本にならず、一本負け
副将 飯塚
  相手のスピード・圧力に押されてしまし、一本負け
大将 矢口
  一本・一本の勝負で惜しい技があったが旗が上がらず、引き分け
と、いう大雑把な流れですが0ー2で韓国チームに惨敗。
話を聞いていくと…
次鋒・大将は元ナショナルチーム、副将は現ナショナルチームのメンバーとのこと……。どうりで強いわけだよ(泣)

優勝は韓国チーム。勝っていたらと……思いますが、初出場でこの結果ならまずまず出はないでしょうか??
試合が終わったあとは合同稽古。日本語もまともに話せない私が他国語など話せるわけもなく、剣を交えて交流するしかなく色々な人と稽古をさせてもらいました。

剣道以外の話もたくさんありますのでまた後日書かせてもらいます。